メインコンテンツ リーダーシップ

リーダーシップとは?【正しい場所へ導くリーダーになろう】

みなさん仕事で何気なくリーダーやリーダーシップといった言葉を使っていると思いますが、その言葉の意味や役割を正しく理解はできていますか?

本日のテーマはリーダーシップです。

リーダーの役割、リーダーシップの意味を正しく理解し、チームや部下を正しい場所へ導く基礎を学びましょう。

リーダーとは?

リーダーとは簡単に言ってしまえば『リーダーシップを発揮する役割のある人』のことです。
(リーダーシップについては次に説明します)

リーダーシップを発揮する役割は会社から与えらえるのが一般的です。一つの例を挙げますが、例えば『店長がAさんを接客リーダーに任命した。お客様に気持ちよくお食事を楽しんでもらう空間を提供するために、全スタッフの見本になる接客を求め、トレーニングも企画させるようにした』。このような形です。

(※本日のテーマから逸れるので説明はしませんが、実はリーダーシップとは会社から役割を与えられなくても発揮することができます)

では次にいきましょう。

リーダーシップとは?

リーダーシップとは簡単に言ってしまえば『目的(目的地)を指し示すこと』です。

先ほどの飲食店の例に当てはめて考えると『お客様に気持ちよくお食事を楽しんでもらう空間を提供すること』が目的です。

『接客レベルを向上させること』だと思ってしまった方はこの段階で一度整理しましょう。ややこしく感じるかと思いますが、目的・目標・手段で当てはめて整理をしていくと簡単に分かります。

整理しよう

目的
『お客様に気持ちよくお食事を楽しんでもらう空間を提供する』

目標
『お客様アンケート、接客スコア5%改善』

手段
『接客レベルを向上させる』

目標や手段を指し示すことも、考え方によってはリーダーシップと言えることは確かですが、肝になるのは目的です。

なぜ目的を指し示すことが重要なのか

目的(目的地)というものはスタート地点から遥か遠くにあり、目視で確認できないことが非常に多いです。その反面、手段はスタートした時から既に私たちの手元にあって、目標も少し先を見れば何となく見える場所にあるのです。つまり何が言いたいかと言うと、目的は見失いやすいということです。

だからリーダーは目的地をいつでも明確に指し示し続け、チーム、部下が本来の目的を見失ってしまわないように、忘れてしまわないように、間違った目的を持ってしまわないように導かなければいけません。

正しくリーダーシップが発揮できていない例

とある日の私とセンター長の会話を例にして考えてみます。
(※本当にあった会話です)

ガッキー
センター長、ちょっとお時間よろしいでしょうか。

私から1つご相談があるのですが・・・。

どうした?
センター長
ガッキー
私の担当する作業のチームのことなのです。

私のチームは外での作業なので天候に左右されてしまいます。気温、湿度、雨、雷、雪、風などです。雷などが発生した時は作業を中断しますが、雨や雪の時は作業はします。その時に必要になる長靴と雨具は最低でも貸与してあげたいんです。

なるほどね。
センター長
ガッキー
長靴は足を怪我しないためにつま先に鉄板が入っている安全タイプの物で、雨具も安物ではなく伸縮性があり、丈夫で、長く使用できる物が良いと思っています。
分かりました。貸与しましょう。

怪我をされても困りますし、体調を崩す可能性もあるからね。

センター長
ガッキー
ありがとうございます!
いくらぐらいになりそう?
センター長
ガッキー
安全長靴と雨具で1人約6,000円程度だと思います。8名いますので全部で5万円ほどかと。
じゃあかかったコストは、これから効率改善でしっかり取り返してね。
センター長
ガッキー
どういうことでしょうか?
ガッキーさん。

マイナスになる分は取り返す。これはビジネスマンとして当然の考えですよ。

センター長
ガッキー
それはもちろん理解しています。しかし、私たちは長靴や雨具を購入するために効率改善をするのではないですよね? そこをイコールで繋げないでください。
あ~、はい。
センター長

正直、この会話で私のモチベーションはガクッと落ち込みました。

なぜなら私は『安くて価値ある商品でお客様の暮らしを豊かにする』という会社のミッション(目的)のために効率改善、コスト低減を日々頑張っているからです。

センター長は今後私がとる様々なアクションの目的を、『安くて価値ある商品でお客様の暮らしを豊かにする』から『長靴や雨具を購入する』にしろと指示を出したことになります。

この私からの提案を許可した時、『じゃあかかったコストは、これから効率改善でしっかり取り返してね。』と言う必要は全くありませんでした。シンプルに、『長靴も雨具も必要な物。しっかり環境を整えてあげて、これからもお客様のために頑張っていこう!』で良かったのです。

(※もちろんセンター長がそう言いたい気持ちは理解できますよ)

正しい場所へ導くリーダーになろう

いかがだったでしょうか。

『リーダーとは?』と『リーダーシップとは?』を正しく理解できたことで、私が紹介した具体例が『リーダーシップが正しく発揮できていない例』だということが分かったと思います。これを『リーダーシップとは?』を理解していない状態で普通に読めば、ほとんどの人はどこがおかしいのかが分からないと思います。むしろガッキーがただのひねくれ者に見えたかもしれません。

チームが向かうべき目的地を明確にし、間違った場所へ導いてしまわないようにしましょう。

あと、リーダーシップって実はもっと奥が深いです。

こちらの記事でリーダーシップについてもう少し深堀りをしていますので、ぜひ合わせて読んでみてください。

リーダーシップと価値観の関係【土台を築くことの重要性】

続きを見る

  • この記事を書いた人

ガッキー

リーダーシップ / マネジメント / チームづくり / 人材育成について、実体験を交えながらTwitterとブログ、時々YouTubeで発信。 店舗Mgr ⇒ トレーナー(本部) ⇒ 物流センター輸送Mgr(オペレーション兼任)

-メインコンテンツ, リーダーシップ
-, , , ,

© 2021 ガッキーBLOG Powered by AFFINGER5