メインコンテンツ 人材育成プロジェクト

【第7話】人材育成を仕組化する【研修の失敗・そして光】

第6話では、『伝えて動かす力』というテーマでコミュニケーションスキルの研修を実施したところで物語は終わっていました。

【第6話】人材育成を仕組化する【伝えて動かす力】

続きを見る

本日は『基礎数値』というテーマで副センター長に講師を務めてもらって『ちょっと失敗した話』と、仕組化が上手く進んできて見え始めた『一筋の光の話』をしていきます。

準備不足の研修

いきなりザワザワする見出しですね。

私がオーナーで進めているこのプロジェクトは、毎週必ず15分~30分のプロジェクトMTGを開催して、毎月計4回開催される研修の振り返りや、次回の研修のテーマ決め、資料作成の進捗確認、全体に対する意見交換をしています。

そして次回の研修のテーマは基本的には、開催日から逆算して1ヵ月半前には決めるようにしています。(今回のプロジェクトはゼロから資料を作成することが多いので、最低でも1ヵ月半は余裕が必要だろうという私の判断)

9月度のMTGで、10月の研修テーマは『事業所の収支を把握し、コスト低減の意識を高めよう』というねらいで『基礎数値』とし、担当講師は私の直属の上司にあたる副センター長を任命しました。

副センター長は教える知識は持っているけれど人に何かを教えるのに消極的な人で、私に対しても普段ほとんど何も教えてくれないような人なのですが、人材育成は誰か1人ではなく、マネジメントチーム一丸となって全員で進めていかなければいけないことですので、苦手と分かっていながら任せました。

研修2週間前

ガッキー
副センター長。
そろそろ所要時間などは把握しておきたいのですが、進捗はいかがでしょうか。
えー・・・。
所要時間は1時間で考えています。内容はまだ・・・。
上司
ガッキー
分かりました。
では来週が1週間前なので、必ず来週までにはお願いします。
分かりました。
上司

研修1週間前

ガッキー
進捗はいかがでしょうか。
えー・・・。
ごめんなさい。実はまだ・・・。
上司
ガッキー
分かりました。
ではできたらすぐ共有をお願いします。練習も必要ですので。
分かりました。
上司

研修当日1時間前

ガッキーさん、練習付き合ってもらえませんか?
上司

資料の作成が終わって、練習できる段階になったのはなんと研修当日の本番1時間前でした。

ギリギリすぎだよな・・・。
まあ、練習しないよりは良いか。
ガッキー
いいですよ!
急ぎましょう!

研修ルームに2人きり。始まったのは「まずはこんな感じでスタートして~」、「次はこの資料を見せながら~」、「こんな感じです~」といった感じの『ただの説明』でした。

時間はみるみるうちになくなっていって開始30分前に。

どうですか!?
上司
ガッキー
そうですね・・・。
私個人の意見ですが、まず導入の部分で『今回の研修でどの部分を持ち帰ってほしいのか』というコアメッセージを入れた方が良いと思います。

あと、資料は印刷しますか?
講師が使用する資料と、配布する資料は同じでなくても問題ありません。私なら配付用には空欄を作って『書いてもらう』という動作を付け加えると思います。

なるほど・・・。残り時間でやってみます。
上司

研修スタート

結果、準備不足のこの研修は、1時間のほとんどが講師が一方的に話すだけの『THE 受け身になりやすい研修』となりました。

オブザーバーで参加していたその他のMgrも沈黙。

終始暗い雰囲気でした。

研修の後、講師を務めた副センター長は特に何も言うことはなく、黙々と日々の業務に戻っていきました。

参加していた他のMgrは「ガッキーさん、どう思う?」と気にしてはいましたが、私は特に何も言わずにいました。なぜかと言うと、2日後に同じ内容の研修をもう一度やるからです。(3名グループがAとBの2つある) あと2日の間に自省したり、自ら参加していたMgrに感想を聞いたり、アドバイスを求めたり、このようなアクションを期待していたからです。そして試していたからです。

しかし、「ちょっと失敗したな~」程度で特に何もありませんでした。

講師の意識

グループBの研修当日。

この2日間の間で講師を担当した副センター長からは特に何も相談はありませんでした。(きっと自分なりに振り返り、練習をしてきてくれると信じていた)

研修3分前

「お疲れ様です~」と続々と参加者が入室してきて、私も席につきました。

研修開始時刻

講師はまだ入室してこない。

プロジェクターや資料も準備されていない。

私は急いで事務所に向かいました。

ガッキー
副センター長!

副センター長は「どうした?」という表情で私と目を合わせる。

ガッキー
研修ですよ!?
あ! やばい! 今行きます!
上司
ガッキー
プロジェクターは準備しておきますから、資料とかはお願いしますね。
ありがとうございます!
上司

副センター長は今日研修があるということを完全に忘れていたのです・・・。

研修開始5分後

講師が完全に忘れていたことで、5分遅れで研修はスタートしました。

結果、前回とほとんど変わらない内容で、前回とほとんど変わらない言い回しで、前回とほとんど変わらない雰囲気で研修は終わりました。

失敗から得られた気づきと学び

研修後の週次MTGで、第3者目線で見ていた周りのMgrやセンター長からこのような感想・意見があがりました。

各MgrからのFB

  • 1時間という短い時間設定では十分に理解できない
  • テーマが固いので会話が少なく暗い雰囲気だった
  • 講師の準備不足感が伝わってくる
  • 講師の私たちはもっと『教える』を勉強するべき
  • 遅刻はダメ

もちろん良い部分もあげられましたが、改善を要する箇所が非常に多い、課題が残る結果でした。

今回の失敗から得られた気づきと学びを私なりにまとめると、まずは、『ゼロベースから研修を作り上げることは誰でも簡単にできることではない』ということだと思います。そして次に、『自分が分かっている』と『他人に教えられる』はイコールではないということ。最後に、講師側も参加する側も、『学びに時間という財産を投資している』という意識を持たなければいけないこと。

これまではオーナーである私、そして私が信頼している同僚Mgrがメインで講師を担当し、プロジェクトは文句のつけようがないくらい上手くいっていました。自分で言うのも恥ずかしいですが、センター長もべた褒めでした。だからこそ今回の失敗は、私たちマネジメントチームにとって大きな気づきを得るきっかけになりました。副センター長には感謝しなければいけません。

PDCAサイクルのCheck(評価)が重要だということが分かりますね。

Plan(計画)して、Do(実行)するだけなら誰でもできます。必ずCheck(評価)し、Action(改善)しましょう。

この人材育成の『仕組み』はCheckを行って改善し続けることで確実により良いものになっていきます。

プロジェクトはまだまだ始まったばかり。

「これは形になるまであと1年はかかるな」が私の本音です。

一筋の光

今回初めて『研修の失敗』を経験したわけですが、それと同時に、マネジメントチーム一人ひとりの意識に良い変化が見え始めています。

この人材育成プロジェクトの研修は、スタートしたばかりの今は本社員6名を対象に実施をしています。簡単に言ってしまえば本社員は実験台です。これはこのプロジェクトを立ち上げた時からの私の構想なのですが、本社員向けに研修を行い、参加者から研修に対しての率直な感想をもらい、資料のブラッシュアップと講師の『教えるスキル』の向上を進めることで、形を少しずつ作り上げるイメージです。今の段階ではまだ『仕組み(土台)を作り上げる段階』です。土台、つまり研修資料と、教えられる講師(Mgr)さえ揃えば、あとは研修の対象者(参加者)は変えるだけで良いのです。その後は『仕組みの運用』になっていくのです。

本来であればまだまだ『仕組み(土台)を作り上げる段階』なのですが、私の第1回目のカルチャー研修が素晴らしすぎて(ごめんなさい笑)センター長の心にグッと響いたのか、センター長から『土台づくり』をする段階だけど同時進行で『運用』もしてほしいと依頼があったのです。つまり、本社員に対してだけ進めていたこの研修を、カルチャー研修に限っては、本社員ではない身分の現場リーダーにもすぐに実施してほしいとセンター長が私に頼んできたのです。

これは私にとってはとても嬉しいニュースでした。

自分の研修が認められたから嬉しかったのではありません。

もっとたくさんの人に研修をできるから嬉しかったのではありません。

これまで人材育成に興味関心を示してこなかったセンター長の意識が変わったことが嬉しかったのです。

しかもセンター長は現場リーダーだけではなく、「入社して1ヵ月のタイミングで新人さんにもやるべきだ」と意見をしてくださり、今後の方向性として、リーダー格や既存のベテランスタッフだけではなく、新人さんにも展開してくことが決まりました。私はこのプロジェクトを提案した時からそうしたいと思っていたので、センター長のこの意識の変化、この言葉は今後の原動力になると実感しました。

成功と失敗の経験で、マネジメントチームの人材育成に対する意識が高くなり始めている途中ではありますが、12月は小売業は繁忙期にあたりますのでプロジェクトは一旦ストップとなります。

次回、センター長から依頼された『現場リーダー向け(本社員ではない)のカルチャー研修』のお話を、年内最後の記事にしたいと思います。この研修は11月中に予定されています。

では、また第8話で会いましょう。

【第8話】人材育成を仕組化する【新たな一歩・4ヵ月間の振り返り】

続きを見る

  • この記事を書いた人

ガッキー

リーダーシップ / マネジメント / チームづくり / 人材育成について、実体験を交えながらTwitterとブログ、時々YouTubeで発信。 店舗Mgr ⇒ トレーナー(本部) ⇒ 物流センター輸送Mgr(オペレーション兼任)

-メインコンテンツ, 人材育成プロジェクト
-, , , ,

© 2021 ガッキーBLOG Powered by AFFINGER5